2010年4月25日

神戸58団カブ隊長 山本和史

プログラムリーダー 松永博之

4月25日ダンボールハウス 保護者連絡

 

1.目的

・豊かな想像力を養うと同時に、協力して目的を達成する充実感を体感させる。

・安全なカッター(刃物)の使い方を体得させる。

 

2.カブ連絡(4月22日発信予定)

@活動日         4月25日

A内 容          ダンボールハウス

B集 合          9時00分  石屋川公園

C解 散          15時30分 石屋川公園

D服 装          制服(セレモニーは正装で行います。ぼうし、チーフも忘れないこと)

E持ち物         個人装備品・水筒・食器セット・懐中電灯・軍手

Fその他         どんな家をつくるのか考えてくること。(家の絵を描いてくる)

           チャレンジ章(スキー、演劇家=舎営の時の影絵)をおうちの人に話をして出来たところにサインをもらってくる。

 

3.保護者への補足説明

@団合同の体験プログラムとなります。団委員さんによるくるくるパン作りもありますので、ご家族、お知り合いの参加も歓迎します。

A使用するダンボールは約200箱用意します。大きな構造物を作る機会は他にはなかなかありませんが、組み立てにはサポートが必要ですので、お父さんのお手伝いをよろしくお願いします。(特に建築関係の方、ご興味のある方、ダンボールハウス経験者の方、よろしくお願いします)

Bカッターナイフを使いますので、小さなお子様の参加については、ご父兄の付き添いをお願いします。

C前回活動の様子をご覧ください:http://bs-kobe58.isf.jp/cs/2007/080419den/den.htm

 

4.スケジュール

9:00    : カブ隊集合、ソング練習、注意事項など

9:30    : 団セレモニー

10:00   : グループ分け (ビーバースカウトと体験者は、カブ隊の組に編成)

10:15   : ダンボールハウス作り CS隊主導で BVS・体験者も参加 

(10:30〜13:00 途中くるくるパン作りに順次参加、カブ弁)

15:00 : 講評、各賞発表

15:30 : 片付け、撤収、終わりの会

16:00 : 解散

 以上