2006年1月29日 耐寒ハイク


 

カブ連絡

1月29日 「耐寒ハイク」
集 合 : 9時  阪急御影
解 散 : 3時半 阪急御影
服 装 : 制服、防寒着
持ち物 : 500ccペットボトルの水1本・個人装備品・水筒・カブ弁・タオル
その他 : @軍手を忘れないこと。A体温調節しやすい服装にすること。

 

 

活動状況


1月29日(日) 9時20分、阪急御影駅発。


阪急岡本駅からまずは保久良神社をめざして歩き始める。


山本隊長より「これから山道にはいります。すれ違う人には元気にあいさつしよう!」
岡本駅から歩き始めて30分、保久良梅林にて。


保久良山の階段のぼり。


本日のルート:阪急岡本〜保久良山〜金鳥山〜風吹岩〜横池の往復


まだ梅林から歩き始めて10分。
六甲山の登りはだいたい最初が一番しんどいですよね!


休憩中に今日の進行について確認中のカブ隊リーダ。


保久良山より六甲アイランドをのぞむ。


歩き始めて30分ぐらいで急なのぼりは終わり、ゆるやかなアップダウンのコース
になります。


山道をいくスカウト。


山道をいくスカウト2。


山道をいくスカウト3。


梅林から1時間、風吹岩を通過。


11時半、横池に到着。


冬の横池。氷は5cmぐらいで完全には凍っていない。


いのししのわきを通って森へたきぎをひろいに入ります。


各組でかまどの準備中。


3本の枯れ木をみつまたに組んで荷造りひもでしばったものを2組、まっすぐな木を
渡して飯ごうをかけます。


飯ごうにはもってきた水を入れて湯をわかします。


火起こしに苦労している組にはリーダがサポートにはいります。


かまどの火もおちついてきました。


リーダかまどは予備のお湯もわかすので飯ごう2つです。


12時50分、無事食事中。


暖かいカップ麺とカブ弁の食事です。


13時20分、あとかたづけ。


13時40分、横池を出発。


帰路、風吹岩にて。


大阪湾をのぞむ。


風吹岩にて集合写真。


もう一枚。


先はロックガーデン。


帰路。


15時45分、阪急御影で解散。

 

活動日誌

活動日時: 2006129日(日)                                            記録:CS副長
天候:    晴れ
活動内容: 耐寒ハイク(保倉山−横池ルート)
参加者:   カブスカウト19名、ビーバスカウト2名、デンコーチ2名、
                 保護者サポート6名、デンリーダ3名、リーダ6名
特記事項: なし。
記事:
当初は有馬越えを計画しまいたが、今年は冷え込みが厳しく山中は積雪凍結が多数あり
アイゼンぐらい必要とのことで、今年はルート変更して岡本から横池に上がりました。

そのかわりに活動のポイントをもうひとつ、横池でかまどをつくって枯れ枝で火起こし、
飯ごうでわかしたお湯で暖かい昼食を食べるプログラムを入れました。
写真でわかるように絵に書いたような手作りかまどで、うまく木を組んでお湯わかせるかな?
と最初は心配していましたが、各組とも手際よく作業を進めて難なく暖かいカップ麺とカブ弁
のお昼を食べることができました。保護者の方とボーイ隊からのサポートありがとうございました!
天候にもめぐまれ充実したスカウト活動ができたと思います。