2006年2月19日 BP祭


 

カブ連絡

2月19日 「BP祭」
集 合 : 10時10分  渦森展望公園
解 散 : 2時 渦森公園
服 装 : 制服(必須)、防寒着
持ち物 : 食器セット、スプーン、めかくしタオル、個人装備品・水筒・カブ弁

 

 

活動状況


10時10分、渦森展望公園に集合。


今日は神戸58団でBP祭を行います。
BP祭はボーイスカウトの創始者、ベーデンパウエル卿(BP)の誕生を祝い、BP卿の
信条、功績を知る事で、スカウト活動の原点を考える行事です。


セレモニー前のソング練習。


11時、上班より集合の合図。


各隊より集合の報告。カブ隊は各組の組長が集合の報告をします。


服装点検。


国旗儀礼。


ビーバスカウトのやくそく唱和。


カブスカウトのさだめ唱和。


スカウトのおきて唱和。


小倉副団委員長よりBP祭のお話。


今回はBPのケニアにまつわるお話をしていただきました。


講話の後、引き続き、ベンチャー隊の進級式。


ボーイ隊、進級式。


重友副団委員長のお話。


スカウト活動を通して心身ともにたくましく元気になってください。


11時30分セレモニー終了。セレモニーは上着なしでしたが、みんな寒くなさそうで、
スカウトは元気です。


11時40分、食事中。


ボーイ隊が前夜から仕込んだシチューを頂きました。
鶏肉と野菜がしっかり煮込まれていて、おいしかったです。


各組おもいおもいの場所で食事中。


あたたかいシチューで食事中の話もはずみます。


食事の後はしばらく自由時間。


12時30分、午後のプログラムスタート。


「闇夜の散歩」スタート地点。


一番後ろのスカウトだけが目隠しなしで、前の人の肩をもんで前進、右折などの
指令をだします。一番前までなかなかつたわらないので、どこいくかわからない。



あまり外れる組はあぶないでのリーダが軌道修正します。


ようやく前に進むようになったころ、ゴール前のデッドヒート。


次のゲーム、震源地はだれだ!


よーく見て、誰が震源地かさがします。


「震源地!」、「ハーイ!」


「伝言ゲーム」中。


小声で「伝言が長すぎて、おぼえられませーん!」


「ナンバープレート足し算ゲーム」のために移動開始。


ナンバープレートの数字をあつめながら、各組で移動中。


渦森公園にて、各組で集めたナンバープレートの数字を足し算中。


どの組が一番かな? 結果確認中。


2時20分、渦森公園にて解散。

 

活動日誌

活動日時: 2006219日(日)                                            記録:CS副長
天候:    晴れ/うす曇
活動内容: BP祭、屋外ゲーム
参加者:   カブスカウト18名、デンリーダ3名、リーダ4名
特記事項: なし。
記事:
午前はひさしぶりに58団集合してのセレモニーを行いました。
午後はカブ隊のプログラムとして屋外ゲームを行いました。
ゲームでは組単位でコミュニケーションすることで各組とも結束を高めることができたと思います。
ベンチャー隊、ボーイ隊は前日からの耐寒キャンプご苦労さまでした。両隊での前日からの
仕込みのおかげで58団全員あたたかくておいしいシチューを頂くことができました。
天候が少し心配でしたが無事BP祭を終えることができました。