2009130

 

 

2009年 団行事 スキー訓練計画書

 

<日 時>  2月7日(土)〜2月8日(日) 一泊二日 (貸切バスで往復)

<集 合>  午前6時20分   阪急御影駅南・弓場線「高杉」前

<解 散>  午後18時40分頃 阪急御影駅南・弓場線「高杉」前

<訓練地>  若杉高原おおやスキー場(兵庫県養父市大屋町若杉99)

         TEL:079−669−0813

<目的>  ☆ スキーを通して冬山の自然にふれあう

    ☆ スキー活動を通じて自然の大切さ、たのしさ、ありがたさ、こわさを知る。

☆ 初級者スカウトは雪上での安全確保や移動方法を学ぶ

☆ 中級者スカウトはスキー場での安全対策やマナーを学ぶ(前記を含む)

☆ 上級者スカウトはスキー技術の習得、雪上で必要な知識を習得する(上記同)

☆ チャレンジ章としてスキー章を取得する

 

<持ち物> 

【服装】  防寒着(制服は不要、集合解散時にチーフのみ着用)

【バス持込手荷物】 ⇒ □弁当(朝食) □水筒 □酔い止め薬(適宜)

【別荷物】 ⇒ □スキー用具(所持者のみ)、板・ストック・靴・ウェアはレンタル可。

特に、ゴーグル(雪目防止)、帽子(毛糸等、頭部保護)、スキー用手袋(予備が

あればbetter)、ポンチョなどの雨具(100円のもので可)は必須です。 

他、防水スプレー、リフト券ホルダー(現地販売あり)、日焼け止め、等。

□使い捨てカイロ □ビニール袋3枚(靴や着替えが入るくらいの大きさのもの)

着替え 替えの靴下 タオル2枚 バスタオル 大洗濯バサミ(名前を

記入) 水筒 スキー合宿参加同意書 は忘れないようにしてください。

行き帰りのバスの中で食べるお菓子少し(300円程度まで)。

お茶(ペットボトル500mlを3本) 時計(組長のみ)

     ※個人装備には必ず名前を記入しておいてください。

 

<その他>

u       今回、カブ連絡はまわしません。 2日間の<スケジュール概要>は別途お送ります。

u       朝食をバスの中で食べてもOKです。

u       今回は団行事ですので、BS隊・BVS隊との合同プログラムになりますが、宿泊はBS隊とCS隊のみとなります(BVS7日のみの日帰りプログラム)。

u       7日の午前・午後と8日の午前は現地インストラクターによる講習を行います(BS以下のスカウトが対象)。 習熟度に応じ5グループに分け技能向上を図ります。

u      

松永副長 携帯電話:090-8756-

山本副長 携帯電話:090-4613-

 

 
当日朝の緊急連絡先

 

 

以上

----------------------------------------------------------------------------

 

小薗団委員長 宛

 

スキー合宿参加同意書

(当日持参させてください)

 

           (参加者名)

スキー合宿に参加するにあたり、

 

     合宿中に病気、けがが発生した場合、合宿地指定の医師にかかることを承諾します。

     緊急を要する病気、けがの場合、専門医への受診、入院などに関する処置は診察医、

合宿地責任者の判断にお任せします。 ただし、手術などの必要が生じた場合は、保護者が了承した上で立ち合います。

     合宿中の事故等については「スポーツ保険」または「スカウト保険」の範囲内で対応することを承諾します。

 

 

 

年  月  日

 

保護者氏名               印

緊急連絡先

  携帯 または                         

  自宅以外の電話                           

 

☆ 健康調査書に書いて頂いたこと以外に気になることがある方は、下記に記入ください。

健康に関する特記事項: