2009331

神戸58団カブ隊長  重友美恵子

プログラムリーダー    山本和史

 

4月5日 『廃線跡ハイク』 計画書

1.                目的

・新体制での初ハイク。 チームワークの醸成を促す。

・渓流や春山の自然に触れ、四季の遷り変わりを体感する。

 

2.保護者連絡内容

 

(1)  カブ連絡(4月2日発信予定)

4月5日 「廃線跡ハイク」

集 合 :  8:15 阪急御影駅南タクシーロータリー前

解 散 : 15:30 阪急御影

服 装 : 制服、体温調節しやすい上着

持ち物 : 個人装備、水筒、カブ弁、雨具、非常食、懐中電灯

 

      ※少雨決行。 中止の場合には当日7時迄にDL経由で連絡をします

 

(2)保護者への補足説明

◆電車の都合で朝が早いですが、時間厳守でお願いします。

◆雨具(カッパやポンチョ)を忘れないで下さい。まだ、寒暖の差が激しいので、

トレーナーなど温度調節のきく上着を持たせて下さい。

◆雨天でも雨具をつけて活動します。荒天で中止の場合は7時までに連絡します。

◆トンネル内は、日中でも真っ暗です。懐中電灯は必ず持参させて下さい

◆今回は、武田尾〜宝塚の廃線跡(昔線路が通っていたところ)コースをハイキングします。

      ◆追跡ハイク(指示書に従って途中での課題をこなし、組で得点を競う)形式を予定。

 

.プログラム

時間

項目

内容

815

集合

 

 

阪急御影 タクシーロータリー前集合(842発)

・人数確認

・プログラムの説明

842

938

阪急御影発

JR生瀬着

・阪急宝塚でJRに乗り換え

912/阪急宝塚着、936/JR宝塚発)

945

  

  〜

  1400

JR生瀬着発 

〜 組ハイク 〜

   JR武田尾着

・ハイキングコース入口まで川沿い歩道は狭い箇所があるので各リーダーは安全指導を徹底する

・ハイキングコースは各組毎に移動(DLは各組と移動)

 

1415

 〜1505

JR武田尾発

      〜阪急御影着

JR宝塚で阪急に乗り換え

1436/JR宝塚着、1456/阪急宝塚発)

1530

解散

阪急御影 タクシーロータリー前

 

4.                安全対策

        ハイク中は組単位での移動が主体であり、DLは各組の安全指導を徹底する。

5.                その他

        スカウトは、阪急御影〜JR生瀬までの電車での行き方をしらべてくること。

        ご父兄の皆様へ:前回までの活動にあたるのチャレンジ章「2-3ハイカー」「2-5地質学者」「4-4スキー選手」について、サインをしてあげてください。

以上